2005-11-27

「京ぽんよ 静かに眠れ」 拝読

そう。最初にASTELのドットi端末 AJ-51(日本無線)を手にしたときこんな気持ちだった。
携帯(ピッチだが)でPOP3!そしてネットもメールも定額=使い放題!おおなんて魅惑的な調べ♪
そしてASTELがなくなるときき、やむなく手放した最初で最後のドットi端末。(ドットi端末は1機種しか出ませんでした。)
使い心地は大変よかった。小さなところに細かい配慮というか。自営第三版もついてたから家の子機にもできたしね。

京ぽんを伝説とみな言うけど、実はその前にドットiがあったことをどうか忘れないでほしい。

そして、伝説となる京ぽん、それをドットiの後継に選んで2年弱が経とうとしていた今月、とうとう新機種が発売となったのでした。京セラQ(以下自粛)は健在らしいが、顧客の要望を汲み取るチーム力と迅速な対応で乗り切っていただきたい。

私の白い京ぽん。おまえとももうすぐお別れ。新しい時代がやってきたから。
でもおまえとはいつも一緒だったね。
困ったときにいつもお前は助けてくれた。
夜の寂しいときも傍にいてくれたね(寝ぽん)。
私も専務と同じ気持ち。お前のことは忘れないよ。AJ-51と同じに忘れないよ。。。

さー、私はいつ買うかな~。

ソリッドアライアンスはかく語りき: 京ぽんよ 静かに眠れ [ITmedia +D Blog]
コメントを投稿