2010-02-25

[CentOS] yumが使えないときにyumをインストールする方法

WEBKEEPERS申し込んだらyumコマンドが使えなかったのでインストールしたメモ
(CentOS 5.4 i386用)

yum list | grep php
とやったら
-bash: yum: command not found
とyumが使えなかった。

cd /usr/local/src/
mkdir yumrpm
cd yumrpm

wget http://mirror.centos.org/centos/5.4/os/i386/CentOS/python-elementtree-1.2.6-5.i386.rpm
wget http://mirror.centos.org/centos/5.4/os/i386/CentOS/sqlite-3.3.6-5.i386.rpm
wget http://mirror.centos.org/centos/5.4/os/i386/CentOS/sqlite-devel-3.3.6-5.i386.rpm
wget http://mirror.centos.org/centos/5.4/os/i386/CentOS/python-iniparse-0.2.3-4.el5.noarch.rpm
wget http://mirror.centos.org/centos/5.4/os/i386/CentOS/python-sqlite-1.1.7-1.2.1.i386.rpm
wget http://mirror.centos.org/centos/5.4/os/i386/CentOS/rpm-python-4.4.2.3-18.el5.i386.rpm
wget http://mirror.centos.org/centos/5.4/os/i386/CentOS/m2crypto-0.16-6.el5.6.i386.rpm
wget http://mirror.centos.org/centos/5.4/os/i386/CentOS/python-urlgrabber-3.1.0-5.el5.noarch.rpm
wget http://mirror.centos.org/centos/5.4/os/i386/CentOS/libxml2-2.6.26-2.1.2.8.i386.rpm
wget http://mirror.centos.org/centos/5.4/os/i386/CentOS/yum-metadata-parser-1.1.2-3.el5.centos.i386.rpm
wget http://mirror.centos.org/centos/5.4/os/i386/CentOS/yum-3.2.22-20.el5.centos.noarch.rpm
wget http://mirror.centos.org/centos/5.4/os/i386/CentOS/yum-fastestmirror-1.1.16-13.el5.centos.noarch.rpm

rpm --import http://mirror.centos.org/centos/RPM-GPG-KEY-CentOS-5

rpm -ihv python-elementtree-1.2.6-5.i386.rpm
rpm -ihv sqlite-3.3.6-5.i386.rpm
rpm -ihv sqlite-devel-3.3.6-5.i386.rpm
rpm -ihv python-iniparse-0.2.3-4.el5.noarch.rpm
rpm -ihv python-sqlite-1.1.7-1.2.1.i386.rpm
rpm -ihv rpm-python-4.4.2.3-18.el5.i386.rpm
rpm -ihv m2crypto-0.16-6.el5.6.i386.rpm
rpm -ihv python-urlgrabber-3.1.0-5.el5.noarch.rpm
rpm -ihv libxml2-2.6.26-2.1.2.8.i386.rpm
rpm -ihv yum-metadata-parser-1.1.2-3.el5.centos.i386.rpm
rpm -ihv yum-3.2.22-20.el5.centos.noarch.rpm yum-fastestmirror-1.1.16-13.el5.centos.noarch.rpm

ふう、すっきり。

参考サイト
yumコマンド 再インストール - はるはる。の開発日記
なんとなくメモリ| yum

2010-02-21

CentOS 5.4 x86_64 インストール後メモ

かなり自分用メモ

※以下は64bit環境に特化したものもあるため注意


ログイン後 startx でX起動
GNOME端末起動

■とりあえず最新版にUpdate
yum update


■コンパイルに必要なパッケージインストール
yum install gcc
yum install kernel-devel


■日本語IME
yum install anthy scim scim-anthy
/usr/sbin/alternatives --config xinput-ja_JP
reboot


■yum自動更新OFF
chkconfig --list yum-updatesd
chkconfig --level 2345 yum-updatesd off
reboot


■CentOS Plus(リポジトリ追加)
vi /etc/yum.repos.d/CentOS-Base.repo
[centosplus]の項目のところにある enabled=0 の行を enabled=1 と書き換える。

■RPMforge(リポジトリ追加)
rpm --import http://dag.wieers.com/rpm/packages/RPM-GPG-KEY.dag.txt
cd /usr/local/src
wget http://apt.sw.be/redhat/el5/en/x86_64/RPMS.dag/rpmforge-release-0.5.1-1.el5.rf.x86_64.rpm
rpm -ivh rpmforge-*


■yum-priorities インストール
標準リポジトリと追加リポジトリの両方で提供されるパッケージについて、標準リポジトリのパッケージが追加リポジトリのパッケージで上書きされてしまわないようにする。
yum install yum-priorities
vi /etc/yum.repos.d/CentOS-Base.repo

priority=1
を追加していく
[base]
name=CentOS-$releasever - Base
mirrorlist=http://mirrorlist.centos.org/?release=$releasever&arch=$basearch&repo=os
#baseurl=http://mirror.centos.org/centos/$releasever/os/$basearch/
gpgcheck=1
gpgkey=file:///etc/pki/rpm-gpg/RPM-GPG-KEY-CentOS-5
priority=1

#released updates
[updates]
name=CentOS-$releasever - Updates
mirrorlist=http://mirrorlist.centos.org/?release=$releasever&arch=$basearch&repo=updates
#baseurl=http://mirror.centos.org/centos/$releasever/updates/$basearch/
gpgcheck=1
gpgkey=file:///etc/pki/rpm-gpg/RPM-GPG-KEY-CentOS-5
priority=1

#packages used/produced in the build but not released
[addons]
name=CentOS-$releasever - Addons
mirrorlist=http://mirrorlist.centos.org/?release=$releasever&arch=$basearch&repo=addons
#baseurl=http://mirror.centos.org/centos/$releasever/addons/$basearch/
gpgcheck=1
gpgkey=file:///etc/pki/rpm-gpg/RPM-GPG-KEY-CentOS-5
priority=1

#additional packages that may be useful
[extras]
name=CentOS-$releasever - Extras
mirrorlist=http://mirrorlist.centos.org/?release=$releasever&arch=$basearch&repo=extras
#baseurl=http://mirror.centos.org/centos/$releasever/extras/$basearch/
gpgcheck=1
gpgkey=file:///etc/pki/rpm-gpg/RPM-GPG-KEY-CentOS-5
priority=1

#additional packages that extend functionality of existing packages
[centosplus]
name=CentOS-$releasever - Plus
mirrorlist=http://mirrorlist.centos.org/?release=$releasever&arch=$basearch&repo=centosplus
#baseurl=http://mirror.centos.org/centos/$releasever/centosplus/$basearch/
gpgcheck=1
enabled=1
gpgkey=file:///etc/pki/rpm-gpg/RPM-GPG-KEY-CentOS-5
priority=1

#contrib - packages by Centos Users
[contrib]
name=CentOS-$releasever - Contrib
mirrorlist=http://mirrorlist.centos.org/?release=$releasever&arch=$basearch&repo=contrib
#baseurl=http://mirror.centos.org/centos/$releasever/contrib/$basearch/
gpgcheck=1
enabled=0
gpgkey=file:///etc/pki/rpm-gpg/RPM-GPG-KEY-CentOS-5
priority=1


参考 http://centossrv.com/rpmforge.shtml

■仮想環境
GNOMEのメニューからアプリケーション → 仮想化 → KVM にチェックを入れて「適用」ボタンをクリック。

qemuからインストールディスクを読もうとするとエラーが出てしまう。
internal error unable to start guest: qemu: could not open disk image

解決するために以下を実施
# audit2allow -m local -l -i /var/log/audit/audit.log > local.te
# vi local.te
内容を書き換える。以下のように"write"を足す。
--------
module local 1.0;

require {
type fixed_disk_device_t;
type qemu_t;
class blk_file { read write getattr };

}

#============= qemu_t ==============
allow qemu_t fixed_disk_device_t:blk_file { read write getattr };
--------
このように下記変えたら以下のコマンドを実行
# checkmodule -M -m local.te -o local.mod
# semodule_package -o local.pp -m local.mod
# semodule -i local.pp

それからイメージを起動するとずっと「ext3_abort called detected aborted journal remounting」とかゆーてreadonlyでしか起動できなかったのですが、SELinuxの設定を切ると起動できました。
system-config-securitylevel
でSELinuxの設定画面を起動してとりあえず「無効」に設定

kvmを使用するときの SELinux の適切な設定方法はまたわかったらここに書きます。

■NTFSのファイルを読み書きできるようにする
yum install fuse fuse-ntfs-3g dkms dkms-fuse

2010-02-03

イベントなどでTwitterの発言を流すのに最適なサービス「にゃうウォッチ」

にゃううおっち

OpenLaszloの普及のために活動されている Laszlo Japan の ason さんから面白いサービスが発表されました。
その名も "nowwatch" と書いて「にゃうウォッチ」

OpenLaszloって何だろうと思ったので調べてみました。
OpenLaszlo(オープンラズロ)はAjax/Flashで動作するリッチインターネットアプリケーションの開発及び配布を行うためのオープンソースソフトウェアである。
(出典 Wikipedia

なるほどー、Flashベースなんですね。

使い方は簡単です。
  1. http://mrs.e-ware.biz/nowwatch/ にアクセス

  2. 「使ってみる」をクリックして、キーワードを入れます。
    次の発言に表示を切り替える秒数や色なども指定できます。
    フォントもPCに入っているものが指定できます。(これはいいなあ)
    「節分」と入れてみました。


  3. 「更新」ボタンをクリックしたら、右上の×をクリックして設定画面を消します。
    「全画面表示」というボタンを押すと全画面になりますよ!(Escキーで元に戻せます)

  4. 発言が設定した秒数ごとに画面に表示されます。
    にゃううおっち中


  5. リスト表示ボタン右下にあるこのボタンをクリックするとキーワードにマッチした一覧を右側に表示することもできます。




このようにTwitterの発言を指定した秒数でどんどん切り替えて表示してくれますので、イベントでイベントのハッシュタグを指定して表示とか、何かのショールームで製品名で検索して表示とかすると面白そうですね。
※privateに設定されている人の発言は表示されませんので安心です。

皆さんもいろんなところで使ってみてください!

via twitter - ason