2012-08-07

ある日listenerが応答しなくなった

Oracleで無理やりなことしてたら、ある日Listenerが応答しなくなっちゃいました。

$ lsnrctl stop
$ lsnrctl start

Service "PLSExtProc" has 1 instance(s).
  Instance "PLSExtProc", status UNKNOWN, has 1 handler(s) for this service...

$ lsnrctl status

TNS-12541: TNS:no listener
 TNS-12560: TNS:protocol adapter error
  TNS-00511: No listener
   Linux Error: 111: Connection refused
って出ちゃう。

netcaでリスナー作り直してもダメ。 Listenerを再構成
$ sqlplus / as sysdba 
SQL> alter system register;

System altered.

SQL> exit
確認
$ lsnrctl status

Services Summary...
Service "PLSExtProc" has 1 instance(s).
  Instance "PLSExtProc", status UNKNOWN, has 1 handler(s) for this service...
Service "hoge" has 1 instance(s).
  Instance "hoge", status READY, has 1 handler(s) for this service...
Service "hogeXDB" has 1 instance(s).
  Instance "hoge", status READY, has 1 handler(s) for this service...
Service "hoge_XPT" has 1 instance(s).
  Instance "hoge", status READY, has 1 handler(s) for this service...
netcaでリスナーの「再構成」でもいいのかな?

2012-08-03

Oracle ASM ディスクグループを削除したい場合

Oracle ASM のDISK Groupを削除したい!と思ったけどコマンドでやり方がわからなかったので調べてみました。
SIDを +ASM にするのかー。
# su - oracle

$cat /etc/oratab
hoge:/usr/oracle/product/10.2.0/server:N
+ASM:/usr/oracle/product/10.2.0/server:N  <-- これ
fuga:/usr/oracle/product/10.2.0/server:N

$ ORACLE_SID=+ASM
$ export ORACLE_SID
$ sqlplus / as sysdba

SQL> SELECT group_number, disk_number, mount_status, header_status, state, path
  2  FROM   v$asm_disk;

GROUP_NUMBER DISK_NUMBER MOUNT_STATUS HEADER_STATUS STATE  PATH
------------ ----------- ------------ ------------- ------ -------------------
          1           0   CACHED       MEMBER       NORMAL  /dev/raw/raw1

SQL> drop diskgroup DG1;
Diskgroup dropped.

SQL> exit

参考: http://docs.oracle.com/cd/E16338_01/server.112/b56299/statements_8013.htm ORACLE - DBA Tips Corner http://www.idevelopment.info/data/Oracle/DBA_tips/Automatic_Storage_Management/ASM_10.shtml

2012-04-29

Oracle DB作成時にORA-01503とORA-01158

Oracle 10gR2でこんなエラーが出てDBCAでデータベースができん!
ORA-01503: CREATE CONTROLFILE???????
ORA-01158: ?????????????????????????????
とおもったら、グローバルデータベース名とSIDに8文字以上を指定してました... orz すんません

osakana というDBがすでにあって osakana2 を作ろうとしました。
DBCAさんは気を利かせて、グローバルデータベース名のosakana2を1文字消してosakanaに!
(たぶんSIDはそのまま)

そしてエラーが発生><!

DBCAで「グローバルデータベース名は8文字までです」とか警告だしてよ!

おそらくは
ORA-01503: CREATE CONTROLFILE???????
ORA-01158: ?????????????????????????????
のところは
ORA-01503: CREATE CONTROLFILEでエラーが発生しました
ORA-01158: データベースosakanaはすでにマウントされています
だったんじゃないかなあと。

皆様お気を付けくださいませ。

2012-04-18

ApacheでSPDY

ApacheでSPDYプロトコルが使えるようになったそうです。ステキですね。

Add SPDY support to your Apache server with mod_spdy - Google Developers Blog
http://googledevelopers.blogspot.jp/2012/04/add-spdy-support-to-your-apache-server.html

mod_spdy - mod_spdy — Google Developers
http://developers.google.com/speed/spdy/mod_spdy/
Apache2.2以上対応、mod_sslが必須です。
Debian, Ubuntu, Fedora, CentOS などが対応OSです。

SPDYについては下記を読んでみてください。

2012年3月28日 速度向上とモバイル対応を目指したHTTP 2.0のプロポーザル、マイクロソフトがIETFに提出。SPDYとWebSocketが起点に - Publickey
http://www.publickey1.jp/blog/12/http_20ietfspdywebsocket.html

2009年11月13日 Google、HTTPを補う高速化プロトコル「SPDY」発表 - ITmedia ニュース
http://www.itmedia.co.jp/news/articles/0911/13/news019.html

SPDY - SPDY — Google Developers
https://developers.google.com/speed/spdy/

今のところ対応ブラウザはChromeです。
Chromeの起動オプションに
--use-spdy=npn
と追加して起動するとSPDYを使えるそうです。

なお、Firefoxも11で対応しています。
有効化するには、
about:confignetwork.http.spdy.enabled の値を true にしてください。

自分でApache持ってないよ!という人はChromeに上のオプションを付けて起動したうえでTwitterを見ると速いかもしれません!

Twitter、Google提案のSPDYプロトコルを導入 | ネット | マイナビニュース
http://news.mynavi.jp/news/2012/03/14/025/

追記:
あ、検証サイトがあった。
https://www.modspdy.com/world-flags/

2012-02-17

smartSVNの設定

smartSVNの設定でよく忘れちゃうのでメモメモ。

設定は下記のディレクトリに入ってる。
ここをバックアップしておけばよい。
C:\Users\ユーザー名\AppData\Roaming\syntevo\SmartSVN


2012-01-19

Oracle AWRレポート

Oracle 11g で AWRレポートどうやって出すんだっけって前調べたけど忘れちゃってまた調べたのでメモ。

SQLPLUSから呼び出す。
sqlplus / as sysdba
SQL> @?/rdbms/admin/awrrpt

最初は形式を選択
Specify the Report Type
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
Would you like an HTML report, or a plain text report?
Enter 'html' for an HTML report, or 'text' for plain text
Defaults to 'html'
report_typeに値を入力してください: text      ← htmlも選べるよ
Type Specified:                                  text

次に統計の対象とする日数を入力(詳細な時間などはこの次のステップで選択できる)
Specify the number of days of snapshots to choose from
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
Entering the number of days (n) will result in the most recent
(n) days of snapshots being listed.  Pressing <return&rt; without
specifying a number lists all completed snapshots.

num_daysに値を入力してください: 2      ← 調査したい日数を入力

すると一覧にSnapIDが表示されるので、レポートにしたい番号を入れる。
                                                        Snap
Listing the last 2 days of Completed Snapshots

Instance     DB Name        Snap Id    Snap Started    Level
------------ ------------ --------- ------------------ -----
hoge         HOGE              1544 18 1月  2012 00:00     1
                               1545 18 1月  2012 01:00     1
                               1546 18 1月  2012 02:00     1
                               1547 18 1月  2012 03:00     1
                               1548 18 1月  2012 04:00     1
                               1549 18 1月  2012 05:00     1
                               1550 18 1月  2012 06:00     1
                               1551 18 1月  2012 07:00     1
                               1552 18 1月  2012 08:00     1
                               1553 18 1月  2012 09:00     1
                               1554 18 1月  2012 10:00     1

Specify the Begin and End Snapshot Ids
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
begin_snapに値を入力してください: 1520
Begin Snapshot Id specified: 1520

end_snapに値を入力してください: 1580
End   Snapshot Id specified: 1580

レポート名を入力。何も指定しなければ自動でレポート名が作られます。
Specify the Report Name
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
The default report file name is awrrpt_1_1520_1580.txt.  To use this name,
press  to continue, otherwise enter an alternative.

report_nameに値を入力してください: ← 何も入れないでEnterを押下すると上記の名前でレポートが作成されます。

Using the report name awrrpt_1_1520_1580.txt